inserted by FC2 system



ヒスブルコラム

06/03/30   『ひまわり』

 昨日は“恋愛系バラード”で消化不良に終わってしまったので(汗)、恋愛要素のないこの曲を語ってみますw

 ヒスブルにハマり始めた頃、インターネットで情報収集をしていたのですが、そのときに初期のヒスの曲を評価づけしているサイトを見つけました。そして、そこでこの『ひまわり』という曲が「総合評価S」というトップクラスの評価を受け、「Tamaちゃんの歌声が綺麗なバラードです」みたいなコメントが書かれていました。昨日述べたとおり、自分はヒスブルのバラードにとても興味があったので早速聴いてみることに。そして、見事に一目ぼれ(?)しちゃったのです☆

 ちなみに、この一件で「自分もヒスブルの曲の良さを紹介するサイトを作ろう」と決意したのでした(笑)そして、それが今“パワプロ風レビュー”として生きているわけです☆自分のサイトがきっかけで、自分が聴いたことがない曲にも興味を持ってほしい、そういう思いでこのサイトは運営されているのですw

 話を戻します。この曲のテーマは“生命”ではないでしょうか。タイトルの“ひまわり”を筆頭に、「太陽」「草原」「風」といった言葉が並び、それらが“三拍子”のテンポのよいリズムにのせて生き生きと歌い上げられています。太陽の暖かさ、緑の美しさが本当に良く伝わってきます。そして、最後に「♪生きている全てにいま感謝しています」と締めるわけです。「自然を大切にしよう!」そういったメッセージが込められたような、本当に素晴らしい曲です。小学生に合唱させてみたいですね(笑)

 音楽的には、Tamaちゃんの声とドラムやギターが“掛け合い”のようになっているのが面白いですね。そして、演奏がシンプルなので透き通るようなTamaちゃんの声がよく響きます。楽器を楽しみたい人には少し物足りないかもしれないけど、Tamaちゃんの声を楽しみたい人には最高の曲ではないでしょうか。残念ながらカップリングにしか収録されていないのですが、これぞまさにヒスブルの“隠れた名曲”ですね☆

06/03/29  『ふたりぼっち』&『Paradox』

 自分がヒスブルに“興味を持ち始めた”のは『春〜spring〜』と『なぜ…』でした。で、さらにヒスブルを聴こうとレンタルショップで手にしたのが『WALLABY』だったわけですが、このアルバムで“完全にハマった”わけです。そして、その中でも『ふたりぼっち』『Paradox』は本当に衝撃的でした(もちろんイイ意味で)。それまで『春〜spring〜』とか『なぜ…』といった曲のイメージしか持っていなかったので、このバラードコンビはとても斬新に聴こえました。まずは『ふたりぼっち』。これが一つ目の衝撃。「ヒスブルってこんな曲も歌うんや〜!!」というのが第一印象でした。で、そこにとどめを刺すように続いたのが『Paradox』。『ふたりぼっち』より一段とバラード色の強いこの曲。「え〜、こんな曲もあるのか〜〜!!」この2連発で、自分のヒスブルに対する印象は完全に変わりました。テンポの速い曲だけじゃなく、バラードもしっかり歌える。ヒスブルの素晴らしい表現力に気づいた瞬間でした。そして、いつしか自分は「バラードこそヒスブルの真骨頂」とまで考えるようになっていました。

 こうしてヒスブルの素晴らしさを知った自分は、どんどんヒスブルにハマっていったわけです。この2曲が、自分がヒスブルファン、果てはヒスブル馬鹿になるきっかけになったわけです☆そういった意味で、この2曲は自分の中では本当に思い出深い曲です。せっかくなので2つの曲についてさらに詳しく…w

 『ふたりぼっち』はゆったりしている曲なんですが、たくちゃんのドラムがとてもリズミカルでノリやすい曲ですね。ドラムを聴いているだけでも結構面白いです。そして、ヒスブルでは珍しい、一人称に「僕」が使われている“男視点の曲”です。「♪もう一度逢えると思って〜〜」の下りとか素晴らしいフレーズですね。ラストの「♪髪を揺らすそよ風が 君を恋しくさせた」も本当に泣けますね。。恋愛の切なさを見事に表現した曲です。 『Paradox』も切ない曲なんですが、「逆説」というタイトル通りのフレーズが胸に響きます。「♪思い出せば忘れられる 頭をよぎるあなたの声」こんなフレーズよく思いついたな〜〜と本当に感心させられます。

 …うん、やっぱ“恋愛”に関する曲についてはイマイチ語れないですね、オレ(爆)もっと経験積めばさらによさが分かってくるんでしょうかね〜(汗)なんか中途半端に終わった感が否めないんですが、許してください(爆)次回はもっと選曲を考えます;;

06/03/16   『雨上がり』

 正直な話、最初はこの歌は特に意識していませんでした。雨が上がったときの様子を描いた曲、ぐらいにしか思ってなかったんです。。この曲の歌詞を意識しだしたのはカラオケに行ったときでした。画面に出てる歌詞を眺めながら歌っていたんですが、2番のBメロの歌詞が凄い印象に残ったんですよね。

♪時と共に優しい季節が 深い傷もやがて包み込んでくれるから

 「傷」って何だ??そのときまで、全く考えたことはありませんでした。そして、「ひょっとして“心の傷”を表現してるのかな??」ってオレは考えました……。そうすると、そのあとも繋がってくるんですよね。

♪小さな花を育てましょう いつか強く笑いあえるように

 「辛いけど、少しでも希望を持とう!そしてまた笑顔を取り戻そう!」という意味なのかな、とオレは“勝手に”考えるようになりました。。本当に勝手な解釈です。ただ、少なくともオレはそういう思いをこの歌詞に持つようになりました。そして、その「傷が癒えて笑顔を取り戻した状態」を暗示しているのがイントロの歌詞ではないでしょうか

♪降り続く雨は上がって 心地よい虹を集めた

 人の心が晴れていく様子と、雨が上がって晴れていく情景を重ねた、としかオレは思えなくなってきました……。つまり、『雨上がり』は“心の雨上がり”を歌った曲だ、というわけなんですが……さすがに考えすぎですかね?(笑)

 Tamaちゃんの真意のほどは分かりませんが、とにかく自分はこういう思いをこの曲に持つようになり、落ち込んだりしたときはこの曲を聴くようになりました。バラードに乗せたTamaちゃんの優しい歌声に癒されています☆

06/03/13   『POP OUT!』

 このコラムは、自分のヒスブルに対する思いを書き連ねていくコーナーです。第一回は、やはりサイトのタイトルにも使わせてもらった『POP OUT!』について。

 flueの曲を初めて聴いたとき、どの曲も衝撃を受けたのは間違いないんですが、ラストに収録されていたこの『POP OUT!』は、もう衝撃というか何というか・・・次元が違いました。。flueでは数少ないたくやさんの作詞・作曲であったり、サビまで3メロ構成というのが『春〜spring〜』とダブる、ってのがまず心を引かれて…この曲に、たくやさんの音楽、つまりはヒスブルの原点を感じたような気がしました。

 でも、やっぱりこの曲の最大の魅力は「共感できる数々のフレーズ」でしょう。正直、自分は『春〜spring〜』だったり『なぜ…』だったりといった“恋愛系の歌”は、「感動」とかはできても「共感」はできないわけです。だって恋愛経験がないんだもん(爆)他のヒスブルの曲でも、自分が歌詞で好きになった曲は『白い祈り』『雨上がり』『Reset me』など、恋愛に関する要素が全くない曲だったりします。だから、ぶっちゃけ『ラバーズ』とかは聴いていてイマイチよく分かっていません(爆)で、この『POP OUT!』って“恋愛関係”じゃなくて“友人関係”の曲といって間違いないでしょう。ヒスブルを通じてたくさんの素晴らしい友人に出会えた自分にとっては、まさに自分のヒスブルライフ(?)を象徴しているのかもしれませんね。本当に素晴らしい曲です。それでは、自分の共感したフレーズ紹介を紹介していきます。

♪明日の時間割なんて 見てても憂鬱は消えない

 いきなり共感できるフレーズがきました!学生の心をバッチリとらえてますねw

♪誰もいないはずの今夜 ただ誰かに会いたいだけで

 夜に、なんとなく誰かと遊びたくなることってありますよね??オレはよくあるw

♪Shall we pop out tonight? Oh!Yeah!

 で、「ちょっと外に出ない??おお、行こうぜ!!」というノリですねwこういう直接話法的なフレーズって情景がよりリアルになるからいいですよねwこのフレーズがあるからこそ、この曲が生き生きとしてくるわけです!!ちなみに、「pop out」という英語は「ちょっと外に出る」という意味らしく、これはたくやさん本人から直接伺っております(笑)

♪鳴らないPHSを睨んで 笑えないTVは消して

 やることが特になくて暇な夜、誰かとメールをしたくて着信を期待しつつ携帯を眺めるものの、誰からもメールが来ない、退屈しのぎにTVをつけてもイマイチ楽しめない。こんな経験って誰でもありますよね??それを見事に表現しているフレーズですねwもうオレは共感しまくりです(笑)そして、この後さらに強烈な一撃…

♪明かりは消してしまったら 今日が終わってしまうから

 暇な夜でも、ここで寝るのはもったいない!!って思ったことありません??電気を消して寝るのはなんか敗北感、何かを期待してもう少し起きていたい、そんな気持ち絶対あるでしょ??オレはそういう人間なんで、めちゃめちゃ共感できました。このフレーズには本当にやられました。。オレの気持ちが見事に歌詞になっている、そう思いました。。

♪何一つ得意なことはないけれど 何一つ出来ないってわけじゃない
♪せめて今 時間を埋めるように お気に入りの歌をくちずさんで 歩きたい

 で、最後にまたもの凄いお言葉がきました。これも名フレーズ!!ヒス友の中に、ここをお気に入りのフレーズに載せている人もかなりいます!!このフレーズだけでも抜群の存在感なのに、それをよりによって『POP OUT!』で使ってしまうか??って感じです!!もう反則ですこの曲(笑)

 まあ、こんな感じで自分が如何に『POP OUT!』という曲が好きか分かって頂けたかとwなお、今後別の曲でここまでのボリュームを語る自信は正直ありません(爆)まあ何か思いついたら書いていきます。更新状況はトップページに載せるので、ヒスブルのマニアックな話に興味がある人は是非また覗いてみてください☆

inserted by FC2 system